バイク公道デビューでエンスト地獄だった私がエンストしなくなった理由

悲惨な公道デビュー

先月、中古のFTRを購入したひよっこライダーです。

私の公道デビューは散々なもので、エンストの嵐、嵐、嵐!

信号になるたびにエンストしてしまうので、もはや交通妨害でしかなく、挙句に道に迷って、坂道で立ちごけしてしまい、近所の方に助けられてしまう始末。

とても辛く、このままエンストばかりだったら、どこにも行けないと暗澹たる気持ちになりました。

そうただのひよっこライダーではなく、下手くそひよっこライダーなのです。

飛べない鳥は鳥じゃない、ただのチキンだ。

そんなことを考えながら涙目だった私。あの地獄の行動デビューから一か月後。

エンストしなくなりました♡♡♡(わーぱちぱちぱち)

今更どないや、教習所でなに習ってんねんというツッコミは置いておいて、私と同じようにエンストに悩まされて、上手く発信ができないという方にむけて、今の気持ちや掴んだ(つもりの)コツについてメモしておこうと思います。

教習車ではエンストしなかったのに…

一応、これでも教習所に通い、卒業検定を合格した身。

そのときはエンストでこんなに悩んだことは最初だけしかありませんでした。それなのにいざ自分のバイクを買ってみると、なかなか発信ができません。

私の場合は、ゆっくりとバイクが動き始めたかな?と思った瞬間

「ぷす」

という悲しい音を出してバイクがエンストしてしまうという事態が頻発していました。もう本当に走り出すこともできない、という状態でバイクを買ってしまったことを後悔しそうなほどでした。

そんな私を見かねて、偶然知り合ったバイク乗り(バイク歴20年)の方が

アクセルが弱い

というアドバイスを下さりました。

それから

アクセル戻しちゃだめだよ

とも言われました。

たしかに私は、教習の最初にぶうんと思いっきりアクセルをふかしてしまったことが怖くて、いつでも少ししかアクセルを捻らないという癖がありました。それどころかきちんと発信する前にちょっと捻っていたアクセルを元に戻すという癖さえありました。

何度か見本を見してくださり、こんなにもアクセルをふかすのかと驚きました。そしてその手本を見たおかげで、発信時のイメージを持つことができ、まるで奇跡かと驚くほどにエンストの数が減りました。

やっぱり乗れる人の手本を見るのが一番上達が早いのかしらともぼんやり思いました。

バイクに力を注いであげるイメージ

乗る回数が増えるにつれて、少しずつ自分のバイクにも慣れることができてきたように思います。バイクを買って三回目のお出かけでは、左手で半クラをしながら、右手でアクセルをぐっと一瞬捻り、力を注いであげるようなイメージを持つようになりました。

するとバイクがぐんと前に進む、この感覚を掴めるようになってから、信号が全く怖くなくなりましたし、坂道発進でも慌てることが無くなりました。

バイクはとても面白いです。

私がとても臆病な人間であるということに気づかされるという意味で、とても面白いと思います。

自分の恐れがバイクにしっかりと伝わって、それが前に進む力を邪魔してしまう。目線にしてもアクセルにしても体の動きにしても、一つ一つ、自分の下手な部分や悪癖を知るたびに、その恐れに気づかされます。

公道では絶対に事故を起こしたくない、その気持ちを自戒にして、少しでも上手に運転できるようになれたらとばかり考えています。

教習所に通い始めたときは、こんなにバイクにハマるとは思っていませんでした。

人生はフシギなものです。

まとめ

ということで、今回の記事では発信時にエンストしなくなった喜びについて、書かせていただきました。些細なことですが、これがとっても嬉しいのです。

もし私と同じように発信時のエンストに悩んでいる初心者ライダーさんがいましたら、反クラを行う左手だけでなく、右手のコントロールも見直してみてください。もしかすると同じように、悩みを解決できるという方がいらっしゃるかもしれません。

次の課題はもっとカーブをうまく曲がれるようになることです。そして少しずつ、遠出できるようになりたいと思います。

f:id:eno1081:20161016132450j:plain

アライ(Arai)のヘルメット HR-innovationを購入して1か月使用した感想【レビュー】

生まれて初めてのヘルメット購入の感想

今回の記事では、私が使用しているヘルメット「アライ(Arai) HR-innovation」の感想をまとめたいと思います。

これからヘルメットを買おうとしている方、当ヘルメットの感想や写真をお探しの方の参考になれば幸いです。

ちなみに私はバイク初心者ひよっこライダー、人生初のフルヘルメットとしてこのアライのHR-innovationを購入しました。

教習所ではジェットヘルメットを使用していたため視界の広さが狭まって運転できなくなるのではないか、女性のため体力に自信がなくフルヘルメットは重いのではないかという心配も購入前はありました。

そのような悩みを持っている方の参考になる記事を目指したいと思います。

ヘルメットの購入場所

バイクを購入したとき、バイク屋のおじさんに「ヘルメット2割引きにしてあげるよ」と囁かれました。けれども続いて少しばつの悪そうな顔で「Amazonで買った方が安いけどね」と正直に教えてくれた優しい販売員の方でした(笑)

実際、Amazonで調べてみたところ国内ヘルメットブランド二大巨頭と謳われるアライとショーエイのヘルメットが2万円台で変えることがわかりました。

私が最初に買おうとしていたのはこちらのショーエイのQWESTというヘルメットです。とてもレビューが高く、値段も最安値だと思いました。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

 

しかし梅田の南海部品さんにお邪魔して、ヘルメットを実際に被ってみると、どうにもしっくりきません。

私の頭ではショーエイのヘルメット、Mだと小さくLだと大きいという曖昧なサイズに納まってしまい、どうにも購入に踏み切れなくなったのです。

そこで手に取ったのがAraiのHR-Innovationというヘルメットです。こちらはショーエイのQWESTと同じくアライのフルヘルメットの中では低価格で購入することができる商品でした。

何気なく被ってみるとMサイズが自分の頭にジャストフィット♡

すぐに気に入ってしまい、Amazonで購入を決めました。Mサイズはなぜかほかのサイズよりも安く、店舗の値段より1万円近くお安く購入、お値段は20615円でした。

ヘルメットのサイズについて

ちなみに実際の私の頭囲(眉上あたりから後頭部の一番膨らんでいるところまで、間に指一本分の隙間を入れて)は、55-56cmでした。

ショウエイのヘルメットは、アライのものよりも、もっと小さいというイメージなので、参考にしてください。

個人的な意見としては、ヘルメットは被ってみてから購入した方がいいと思います。レビューだけ見ていたら、ショーエイのヘルメットにしていたはずですが、自分に合うものと人に合うものは違うということを踏まえたうえで、高い買い物をしたいものですね。

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

 

アライ(Arai)HR-Innovationの感想

グラスブラックは、見た目のツヤ感が格好いい

私が選んだのは黒色(グラスブラック)です。

つやっとした綺麗なブラックがとても気に入っています。あまりにつやつやしているため、部屋の内装が丸写しになってしまい、暗めの写真で取りました。

f:id:eno1081:20170513154839p:plain

▲前から見た写真。Araiのロゴが大きく入っています。

f:id:eno1081:20170513154959p:plain

▲右から見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155028p:plain

▲左から見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155115p:plain

▲後ろから見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155132p:plain

ちなみに後方にはHR-Innovationという文字が大きく入っています。

シールドを開けると、こんな感じです。

f:id:eno1081:20170513155207p:plain

内装は柔らかく、赤色がアクセントに

内装はクッションが分厚く、ふんわりと柔らかくて、とってもお気に入りです。

個人的には配色(グレーと赤色のアクセント)がとても気に入っています。

f:id:eno1081:20170513155235p:plain

システムパッドは取り外しができるようですが、あまり簡単に着脱できる仕組みにはなっていないようなので、試みたことはありません。

ふかふかのクッションのようで、ふにふにっとむやみにつついてしまいます。

f:id:eno1081:20170513155308p:plain

ちなみに紐の部分はこんな感じで、片側に二つのリングがついています。

f:id:eno1081:20170513155357p:plain

教習所のヘルメットとは、紐のつけ方が違って戸惑ったのですが、一般的なフルフェイスはこのような二つのリングにひもを通して固定するようです。

私は最初バイク屋さんに行って、つけ方がわからずとても困りましたので、以下の画像を載せておきます。同じような方にフルフェイスのつけ方の、参考にしてもらえれば、と思います。

f:id:eno1081:20170513155614p:plain

ちなみにショーエイのQWESTは首周りにもガードするように布地がついていたのですが、私は首を締め付けられると気持ち悪くなってしまうことが多いので、あえて布地のついていないこちらのヘルメットを選択しました。

またショーエイのQWESTに比べると大分シンプルな作りだなという点も気に入りました。すっとしていて、必要最低限の機能がそろっているイメージです。

実際に被ってみた感想

フルフェイスヘルメットを初めて被り、バイクに乗りました。

部屋で被ったときは、重くてふらつく始末。とても不安になりましたがいざ、走ってみると

全然重さを感じなくて、びっくり。

すごい技術だなあと感心します。

むしろジェットヘルメットよりも、風の抵抗を受けない分、非常に快適に走ることができます。初めてのフルフェイスということもあると思いますが、一度これを知ってしまうと、ジェットヘルメットに戻ることはできないなと思いました。

気になっていた視界も良好です。

フルフェイスにしたからといって、視界が狭まるということもないんですね。なんだかとても偏見を抱いていました。

気になる女性ライダーのあれこれ

ちなみに女ならではの気になる面についても、少しだけ書いておきます。

まず化粧についてですが、やはりフルフェイスですと頬にパットが当たるので、基本的にはノーメイクがおすすめです。

ただ完全にノーメイクというのも個人的にはちょっと気になります。

そこで私はパットが当たらない眉毛と目元(マスカラ、少しのアイシャドウ)それから軽めのリップ(基本的に口元はヘルメットに触れない)だけしています。

ファンデーションとチークは、汚れの原因になるので、避けた方がいいでしょう。参考にしてください。

髪の毛についてですが、ロングの髪の毛を縛ってヘルメットをかぶっても窮屈だと感じることは基本的にありません。

バイクに乗るからといって、短く切る必要はないと思います。

むしろショートよりもロングの方が1つにまとめて収納できるので、バイクを乗るときは楽なのかもしれません。

これからヘルメットを買うすべての人にフルフェイスをすすめたい

今回私は初めてヘルメットを購入しました。

買う前はいろいろと調べて、ジェットヘルメットにしようかと本気で思ったこともありました。

けれどもバイクにおける死亡事故の一位は、頭部損傷であること、その頭部の中で一番強打の可能性が高い部分がアゴだと知り、愕然としました。

転んだ時に前につんのめり、その結果として顎をバイクにぶつけてしまうそうです。

私は考えました。

死ぬにしても、顎が二つに割れたぐちゃぐちゃの顔面で埋葬されるのはまっぴらごめんだなと(縁起でもないです)。

一度フルフェイスを被ってしまうと、それまで被ったことのあるそのほかのヘルメットがいかに不安なものであったかがよくわかります。ただの飾りを頭につけて走っていただけだったんだな、と。

最初の購入ということもあって(しかもネット購入だったので)とても悩みましたが、今回はとても良い選択をしたと自分で思います。

フルフェイスのヘルメットはお値段が張りますが、Amazonなら二万円前後で購入することができます。これで自分の体を守ることができるならお安いものですよね。

またアライ(もしくはショーエイ)のヘルメットはバイク乗りの方たちの間でも評判が高いようですね。私のヘルメットがアライと見ると皆さん「うん、合格」と同じバイク乗りとして認めてくれる感があります。(笑)

バイクはお金がかかるので節約したいという気持ちは十分わかりますが、ヘルメットには最低限のお金を払って、快適なバイクライフを送りたいものですね。

まとめ

ということで今回は自分のヘルメットの紹介記事から、フルフェイスヘルメットの良さについて語らせていただきました。

同じようにバイク初心者でヘルメットの購入を悩まれているという方は、絶対にフルフェイスにすることをおすすめします。

またフルフェイスにしようか悩んでいる女性の方がいましたら、重さやメイクや髪の乱れなど全く気にせず、購入することを勧めます。お化粧を縫って綺麗にしていた顔に、一生消せない傷がついてしまったら、本末転倒です。

そして良いヘルメットを購入した分、それに見合うくらいに運転上手になりたいものです。さて、明日は晴れますように!

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

 

 

力の劣る女性だからこそ私がバイクに乗りたい理由

バイクのために筋トレ開始

最近、バイクを購入したのをきっかけに筋トレを始めました。

筋トレといっても、ただの腕立て伏せです。

しかも膝を床にべったりとつけて行う超簡単★腕立て伏せ。

でも私にとってはこれでもすごく大変なんです!

高校時代は腕立て伏せが一度もできなかったThe 貧弱体型!

というのも私は、根っからの文化系。

勉強は好きだけど、運動はダメダメ。体育の時間はものすごく苦痛にゆがんだ顔をしていた記憶しかないんです。腕立て伏せなんて「なにそれ?おいしいの?」状態です。

そんな私は誰がどこから見ても

ガリガリやないかい!ペラペラないかい!

とツッコみたくなるほどの瘦せ型。

バイクの免許を取ると母親に宣言したときも「あんたそんなガリガリでバイクなんか持てるわけないでしょ!!!?」と笑われました。

確かに傍から見ると、私がバイクに乗っている姿はちょっと意外なものかもしれませんし、不安になるものかもしれません。

でもそんな私でもバイクに乗りたいと思ってしまったからには

きちんと乗りこなしてあげたいし、

せっかく手元に来たFTRのためにも、もっと上手く乗れるようになってあげたいんです。

ということで筋トレを開始して2週間。

たった2週間、膝をついた腕立て伏せを20回ほどやるだけですが、自分の腕周りの筋肉が増えてきたのがわかります(ほんとかよ)!

今までどれだけ運動してなかったかよくわかります。

腕立て伏せって実はすごく体にいいみたい

それまで苦手なものはとことん避けていた私。

調べてみると、腕立て伏せは肩こり解消にも、バストアップにも効果があるようなんです!

これは貧乳貧弱体型のわたしには朗報でしかありません。

腕に筋肉をつければ、バイクが上手くなるわけでもありませんが、バランスを崩したときに立て直せるくらいの筋肉量は欲しいし、立ちごけをしてしまったときに周りの力を借りるのが前提じゃだめだと思うんです。

少しずつ積み重ねるように、自分の力を蓄えていけたらなと思います。

力の劣る女性だからこそバイクに乗りたいと思うこと

私はバイクに乗るたびに、自分が女だということを自覚させられます。

少しでもバランスを崩せば、バイクと一緒にあっけなく倒れてしまうような自分の体は、バイクと並ぶにはあまりに不相当と言ってもよいでしょう。

そんな私ははじめ、自分がバイクに乗れるようになるなんて想像もしていませんでした。

でも自分の想像を超えた速さでバイクにまたがり、ぐんと前に進むことが出来たとき、自分がもつ力を自分で測り、その限界を決めることはできないんだなと思いました。

生まれながらに女性。

だからこそ化粧をして、スカートを履いて、ピンヒールを履いて、真っ赤な口紅をひくこともできれば、バイクに乗って、知らない土地に行って、新しい景色を見ることもできるのです。

それっていいところどりじゃないか、と思う私は、とても欲張りな女なのだろうなとも思います。

そして軽々しくバイクにまたがる男性を横目で見たとき、自分にはない魅力をそこに見出せば、私は自分を遠くへと導いてくれるその力強さに男性を見出すように、バイクに恋をしているのかなとも思うのです。

ということは最初の三か月は、とっても大切な蜜月のとき。

春が終わらないうちにどんどん外に出かけたいものです。

f:id:eno1081:20161225161939j:plain

バイク屋から自宅までの公道デビューでまさかの立ちゴケした話

バイク屋から自宅までの公道デビューしました

待ちに待ったバイク到着日!

うきうきしながらバイク屋さんまで、自分のバイクを取りに行きました。

当然ですが、バイク屋さんにバイクを取りに行くときの持ち物は

  • ヘルメット
  • グローブ
  • スニーカー

が必須です。

必要書類を入れるリュックなどがあるとよいかもしれませんが、私はお店でビニールのリュックをいただいて、その中にもらった書類を全部入れました。

久々ドキドキのバイク乗車

私が免許を取得したのは去年の秋。

つバイクに乗るのは、実に半年ぶり。その旨を店員さんにお話ししたところ、近くの車が少ない通りで練習に付き合ってくださいました!

(お優しいです)。

ドキドキしながらヘルメットをかぶり、グローブを付けていざ出発!

きちんと発信して、ぶんと勢いよく発信することが出来ました。

(やったね)!

店員さんも安心したのか、大通りでの発信にだけ気を付けてねと言って仕事に戻っていかれました。

大通りの信号でエンストしまくり

そのまま直進で進める交通量の少ない道路で運転練習をしました。

スムーズにバイクを運転できる気がして、安心したので、バイクで走って15分ほどの場所にある自宅に向かいました。

が、しかし

車と一緒に走ってみると、案外スピードを出さないといけないことに気づく。

そのうえ信号が多い!

そしてやっぱりエンスト!(ヒーッ)

車にも原付にも何度も抜かされながら、命からがらという感じで自宅周辺へ。

現実はやっぱりそんなに甘くないなと思いきや次なる関門、

なんと自宅までの道が

進入禁止の一方通行車線

だったのです。

初日からまさかの立ちゴケ

今まで徒歩だったから知らなかった…とさっそくグーグルマップを使い、自宅までの道を検索。すると、今まで徒歩でも避けていた急斜面を登らないと、家に帰れないことがわかりました。

どうしよう、家に帰れるかな

と不安がっていると坂の途中でエンスト。

はい、初日から立ちゴゲ決定

既に半泣きになりそうな私の元に、偶然通りかかった近所の方が来てくれて、バイクを起こすのを助けてくださりました。

お話を聞いていると、もう20年近くもバイクに乗っていらっしゃるのだとか。手慣れた様子で、ちゃちゃちゃとバイクを始動してくださいました。本当に感謝の気持ちばかりでした。

人の優しさに感謝しながら、何とか帰宅

それからどうにか自宅まで変えることが出来ました。

正直、これから大丈夫なのかなとすごく不安になりました。

でもバイクで色々な場所に行きたいという気持ちを忘れずに、少しでもうまく運転できるようになりたい。

バイクで事故らないためには、バイクの運転がうまくなるしかない、うまくなるためには沢山乗らなくてはいけない、ということでこの1年がきっと勝負になるでしょう。

このブログにバイクのことを少しでも記録していくことで、一つ一つの経験を自分のものにしていきたいものです。

まとめ

ということで、公道デビューはなかなかの恐怖体験連続でした。

これからバイクを取りに行くという方は、

  • 必ず自宅までの経路を調べる(徒歩とは違う可能性大)
  • 交通量の少ない道で、主に発信の練習をしてから、帰宅する

という点に気を付けてください。

それから学生さんは、バイクを購入する前に

  • アパートの大家さんにバイク駐輪可能かを確認する

というのも大切ですよ(買った後に、止める場所がなかったなんていう友人も周りにはいましたよ)。参考にしてくださいね!

f:id:eno1081:20170416161452p:plain