バイクの教習所の卒業試験に2回落ちたからこそ、絶対に合格できると伝えたいこと

卒業できないんじゃないか、という不安

最近バイクを買ってから、頭の中がバイクのことでいっぱいのへっぽこ初心者ライダーです。

へっぽこなのは教習所に通っていたときから変わりません。

初回授業で三回転び、すでに補講宣言され

スラロームでは四回補講を受け

卒業試験も二回落ちました。

そんな劣等生バイク乗りのわたしですが、公道に出てバイクに乗っています。そんな下手くそは道路から出て行けという声も聞こえそうですが、でもバイクに乗れて、すごくうれしいです。

私自身もまだバイクに関して知らないことばかりで、勉強の身ですで、今教習所に通っている方へのアドバイスを書くのは難しいですが、悩んでいる方にエールを送ることはできるかなと考えました。

私の卒業試験の失敗談

卒業検定に二回落ちてしまったとき、私はすごく悩みました。

もしかすると卒業できないのではないか、と本気で考え始めたのです。

一度目の失敗は、スラロームでした。

ポールにバイクの後輪をひっかけて倒してしまい、即退場。私以外に、男性が一人、降車時にバイクを倒してしまい、再試験となっていました。

それから一度、スラロームの練習をしました。スラロームは既に四回補講を受けていたのですが、さらに繰り返しスラロームばかりを練習しました。どうにか体が慣れてきたと自信をつけて、再試験。

今度はきちんとスラロームを通過することができました。しかし最後の最後、なぜか信号停止の際に、ニュートラルにギアが入ってしまい、それに気づかず、なんども発信させようとアクセルをふかし、退場。

焦ってしまいギアがニュートラルに入っているのも気づいていませんでした。

あと少しで合格という手前でしたので、本当に悲しかったです。

そして思いました。

もしかするとそつぎょうできないんじゃないか、と。

実際に卒業できずに辞めてしまう人もいるらしい

ところで、教習所では女性も多く見かけましたが、やはりそれでも若い女性が一人で教習所に来ているのは目立つらしく、多くの教習員の方に顔をばっちりと覚えられていたようでした。

その中の1人に、とても厳しい教習員の方がいらっしゃりました。

私はその人の指導を受けることが多くありました。

教習の最中、転んでしまうということがあります。見るに見かねて、引き起こしの時は教習員の方が少し助けてくれることが多かったです。

でもその人は違いました。

絶対に私の元に駆け寄ろうとはしませんでした。

女だろうが何だろうが、おれは絶対に手を貸さねぇぞという声が聞こえてくるような断固とした様子で、じっと私を見ているのが印象的でした。

そう、公道に出たら自分だけが頼り。

ふんと力を出して、そうやって頑張って。

私がバイクを起こすまで、じっと待機して、やっと起こせたというところで、何もなかったかのように次の課題を言い渡す、そんな方でした。

坂道発進を初めてした際、コースが大きく変わって、戸惑った私はまたしても転倒したときです。汗ダラダラの汚れきった姿で必死にバイクを押している私に、その人は言いました。

「楽しいか?」と。

唐突な質問だったので、正直驚きました。

でも、その一言に私は「はい!」と即答していました。

これが不思議なもので、第一段階の頃は本当に転んでばかりでしたし、周りもドン引きで、自分でもひどいありさまだったと思うのですが、バイクに乗ることは好きだったんです。

ぶんと風を切る音や、自分の身体能力をはるかに超えたスピードや、目の前に開けてくる道は、何も考えず、ただ前だけを見て、進めばいいという単純さをもって、私の感覚を圧倒しました。

吃驚するくらい情けない教習生だったのですが、そんなことが気にならないくらいがむしゃらに練習していました。そして自分が本当に少しずつ少しずつ向上していくことが、日々の小さな楽しみになっていました。

そして確かに覚えていること。

そのとき強面の教習員の方は、わたしにこう言ったのです。

そうか。なら、大丈夫や」と。

教習を途中でやめてまう奴もいる。

でも楽しいんやったら、最後まで頑張れるわ、と。

酷くそっけない言い方でしたが、私はその言葉がお守りのように心に残ったのです。

最後の卒業試験で、担当をされたのはその教習員の方でした。

合格が本当にうれしくって、発表される前からにやにやにやとしている私に呆れたように「よかったな」と一言だけお声をかけてくださりました。

楽しいことは能力に関係なく続けられる

繰り返しますが、私は運動神経もわるく、バイクも未だ上手に乗れません。

公道に出てまだ一か月ほどですが、すでに地味な失敗を繰り返してばかりいて、顔から火が出そうになったことばかりです。

それでも続けられるんじゃないかという確信をもっているのは、やはり本当に嘘がなくその時間を楽しいと思えるからだと思います。

卒なく生きようとすると、自分に嘘をつくのがどんどんと上手くなります。

本当に好きだったものを蔑ろにして、実はあまり好きではなかったことを優先させて、楽しいと思うことを悪いことのように感じて、苦痛を覚えることを努力のように思い込んでいたりする。

バイクに乗って、楽しいと思えた、これは1つの縁なのでしょう。

その縁を自分にとって良いものにするためには、やはりもっと上手に運転できるようになり、自分の身を守れるようになることだと思います。バイクに乗ることをよく思わない人も多いでしょう。

でも人生は一度きりで、死ぬまでには、やりたいことをやるために生きているのだと思えば、安全なものを最良だと信じることに喜びがあるとはどうしても思えない。

安全だと信じているものにも欠陥があり、いつどこで自分に何が起こるのかなんて予想はできない。

ならば好きなことをしたいと切に思います。

教習所に通い、バイクに乗る、そのとき「楽しいか」と聞かれて瞬時にイエスと答えられるのであれば、たとえ何度卒業試験に落ちても合格することができる、あまりに単純な結論かもしれませんが、本心でそう思うのです。

今まさに卒業試験に落ちてしまい、気持ちがへこんでいるという人がいたら、その背中をとんと叩いてあげたいと思います。

私が合格したのですから、絶対にダイジョブですよ、と。

そんな気持ちを込めて、エールを送りたいものです。

f:id:eno1081:20170408124539p:plain

女性バイク用グローブ*コミネGK-183プロテクトメッシュグローブを使用した感想

安全にスタイリッシュに走りたい

毛も生えていないような丸裸の初心者ひよっこライダーが何言ってんだという感じですが、せっかくバイクに乗るんだから格好よく走りたいのです。

でも絶対に安全に乗りたいのです。

これは至極ワガママな願いなのかもしれません。

最近Amazonでバイクグッズばかりを検索する日々を送っています。おそらく同世代の女子が恋愛と婚活に勤しみ、理想の旦那さんを探しているくらいの熱量で、理想のバイクグッズを探しています。

一体私はどうなってしまうんでしょうか、んなこと知らねえよ、ということで、今回は色々と探した結果、購入に至ったコミネのメッシュグローブについてレビューを書きたいと思います。

今まさに女性用のバイク用のグローブを探しているという方や、当グローブの購入に踏み切れないという方の参考になれば幸いです。

コミネGK-183プロテクトメッシュグローブの外観

個のグローブの良い処は、とてもスタイリッシュな見た目にあると思います。

まずは掌部分を見てみましょう。落ち着いたグレーと黒の配色です。

f:id:eno1081:20170513175800p:plain

人差し指の部分はタッチパネル対応になっています。

f:id:eno1081:20170513175827p:plain

これは携帯でナビを付けているときに、とても便利です。

人差し指だけで十分ですし、不便さはありません。認識も良く、使いやすいです。タッチパネル対応でないグローブはもうつけることができないなとも思うほどです。

裏面はこのような感じです。

f:id:eno1081:20170513175846p:plain

真っ黒です。余計な飾りや派手なプロテクターは一切ついていません。

背景を白にしてみました。

デザインは指の淵が赤に彩られていて、格好いいと思います。

f:id:eno1081:20170513175922p:plain

コミネはロゴが気になるという方も多いようですが、このグローブに関しては凄く控えめでコミネ印の存在感が薄いです。撮影しましたが、薄色のグレーで、あまり写りこんでいないほどです。

f:id:eno1081:20170513175945p:plain

このグローブの一番の魅力は、プロテクターがきちんと入っているのに、すごくスマートな見た目だという点です。

一見するとプロテクター入りに見えませんが、きちんと入っています。

f:id:eno1081:20170513180114p:plain

手首の部分にもきちんとプロテクターのようなガードが入っています。

f:id:eno1081:20170513180433p:plain

色々とレディースのバイク用グローブを探しましたが、どれも見た目だけでプロテクターが入っていなかったり、とても値段が高かったり、すごくゴツくて購入を躊躇うものばかりでした。

けれどこのグローブはきちんと安全面も考慮されていて、尚且つ格好いいし、女性がつけていても違和感がない品だと思います。とても気に入っています。

サイズの選び方について

Amazonのレビューを見た結果、少し大きめのものを買うとよいと書かれていましたので、私はLサイズをチョイスしました。

ちなみに私の手のサイズですが、指の長さ8-9cm、手首までの長さ18-19cmです。

f:id:eno1081:20170416173259p:plain

実際つけてみるとぴったりという感じです。バイクグローブは小さめにした方が良いと聞きますが、今の感じではマジックテープでしっかりと止めれば、引っ張っても取れることなく、転倒時に手から抜けてしまうということもなさそうです。

ちなみに軍手と比べてみると?

私は教習に通っている間、ずっと百均の軍手を使用していました。

そのときはそれに慣れきっていて、何も思わないのですが、いざグローブを使ってみると手の負担が全然違うということに気づかされました。

どうせバイクを購入するのであれば、教習所に通っている段階でグローブは買ってしまった方が良いかもしれませんね。

まとめ

ということで今回はとっても気に入っているKOMINE(コミネ) グローブについて書かせていただきました。

最初の頃は、お洒落な皮のグローブ欲しい♡とか思っていましたが、バイクはお金がかかるので、この値段でこのグローブが買えるのであれば、きっと消耗してもまた同じものを買ってしまうだろうというくらいにお気に入りです。 

 参考にしてください!

バイク公道デビューでエンスト地獄だった私がエンストしなくなった理由

悲惨な公道デビュー

先月、中古のFTRを購入したひよっこライダーです。

私の公道デビューは散々なもので、エンストの嵐、嵐、嵐!

信号になるたびにエンストしてしまうので、もはや交通妨害でしかなく、挙句に道に迷って、坂道で立ちごけしてしまい、近所の方に助けられてしまう始末。

とても辛く、このままエンストばかりだったら、どこにも行けないと暗澹たる気持ちになりました。

そうただのひよっこライダーではなく、下手くそひよっこライダーなのです。

飛べない鳥は鳥じゃない、ただのチキンだ。

そんなことを考えながら涙目だった私。あの地獄の行動デビューから一か月後。

エンストしなくなりました♡♡♡(わーぱちぱちぱち)

今更どないや、教習所でなに習ってんねんというツッコミは置いておいて、私と同じようにエンストに悩まされて、上手く発信ができないという方にむけて、今の気持ちや掴んだ(つもりの)コツについてメモしておこうと思います。

教習車ではエンストしなかったのに…

一応、これでも教習所に通い、卒業検定を合格した身。

そのときはエンストでこんなに悩んだことは最初だけしかありませんでした。それなのにいざ自分のバイクを買ってみると、なかなか発信ができません。

私の場合は、ゆっくりとバイクが動き始めたかな?と思った瞬間

「ぷす」

という悲しい音を出してバイクがエンストしてしまうという事態が頻発していました。もう本当に走り出すこともできない、という状態でバイクを買ってしまったことを後悔しそうなほどでした。

そんな私を見かねて、偶然知り合ったバイク乗り(バイク歴20年)の方が

アクセルが弱い

というアドバイスを下さりました。

それから

アクセル戻しちゃだめだよ

とも言われました。

たしかに私は、教習の最初にぶうんと思いっきりアクセルをふかしてしまったことが怖くて、いつでも少ししかアクセルを捻らないという癖がありました。それどころかきちんと発信する前にちょっと捻っていたアクセルを元に戻すという癖さえありました。

何度か見本を見してくださり、こんなにもアクセルをふかすのかと驚きました。そしてその手本を見たおかげで、発信時のイメージを持つことができ、まるで奇跡かと驚くほどにエンストの数が減りました。

やっぱり乗れる人の手本を見るのが一番上達が早いのかしらともぼんやり思いました。

バイクに力を注いであげるイメージ

乗る回数が増えるにつれて、少しずつ自分のバイクにも慣れることができてきたように思います。バイクを買って三回目のお出かけでは、左手で半クラをしながら、右手でアクセルをぐっと一瞬捻り、力を注いであげるようなイメージを持つようになりました。

するとバイクがぐんと前に進む、この感覚を掴めるようになってから、信号が全く怖くなくなりましたし、坂道発進でも慌てることが無くなりました。

バイクはとても面白いです。

私がとても臆病な人間であるということに気づかされるという意味で、とても面白いと思います。

自分の恐れがバイクにしっかりと伝わって、それが前に進む力を邪魔してしまう。目線にしてもアクセルにしても体の動きにしても、一つ一つ、自分の下手な部分や悪癖を知るたびに、その恐れに気づかされます。

公道では絶対に事故を起こしたくない、その気持ちを自戒にして、少しでも上手に運転できるようになれたらとばかり考えています。

教習所に通い始めたときは、こんなにバイクにハマるとは思っていませんでした。

人生はフシギなものです。

まとめ

ということで、今回の記事では発信時にエンストしなくなった喜びについて、書かせていただきました。些細なことですが、これがとっても嬉しいのです。

もし私と同じように発信時のエンストに悩んでいる初心者ライダーさんがいましたら、反クラを行う左手だけでなく、右手のコントロールも見直してみてください。もしかすると同じように、悩みを解決できるという方がいらっしゃるかもしれません。

次の課題はもっとカーブをうまく曲がれるようになることです。そして少しずつ、遠出できるようになりたいと思います。

f:id:eno1081:20161016132450j:plain

アライ(Arai)のヘルメット HR-innovationを購入して1か月使用した感想【レビュー】

生まれて初めてのヘルメット購入の感想

今回の記事では、私が使用しているヘルメット「アライ(Arai) HR-innovation」の感想をまとめたいと思います。

これからヘルメットを買おうとしている方、当ヘルメットの感想や写真をお探しの方の参考になれば幸いです。

ちなみに私はバイク初心者ひよっこライダー、人生初のフルヘルメットとしてこのアライのHR-innovationを購入しました。

教習所ではジェットヘルメットを使用していたため視界の広さが狭まって運転できなくなるのではないか、女性のため体力に自信がなくフルヘルメットは重いのではないかという心配も購入前はありました。

そのような悩みを持っている方の参考になる記事を目指したいと思います。

ヘルメットの購入場所

バイクを購入したとき、バイク屋のおじさんに「ヘルメット2割引きにしてあげるよ」と囁かれました。けれども続いて少しばつの悪そうな顔で「Amazonで買った方が安いけどね」と正直に教えてくれた優しい販売員の方でした(笑)

実際、Amazonで調べてみたところ国内ヘルメットブランド二大巨頭と謳われるアライとショーエイのヘルメットが2万円台で変えることがわかりました。

私が最初に買おうとしていたのはこちらのショーエイのQWESTというヘルメットです。とてもレビューが高く、値段も最安値だと思いました。

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット フルフェイス QWEST マットブラック L (59cm)

 

しかし梅田の南海部品さんにお邪魔して、ヘルメットを実際に被ってみると、どうにもしっくりきません。

私の頭ではショーエイのヘルメット、Mだと小さくLだと大きいという曖昧なサイズに納まってしまい、どうにも購入に踏み切れなくなったのです。

そこで手に取ったのがAraiのHR-Innovationというヘルメットです。こちらはショーエイのQWESTと同じくアライのフルヘルメットの中では低価格で購入することができる商品でした。

何気なく被ってみるとMサイズが自分の頭にジャストフィット♡

すぐに気に入ってしまい、Amazonで購入を決めました。Mサイズはなぜかほかのサイズよりも安く、店舗の値段より1万円近くお安く購入、お値段は20615円でした。

ヘルメットのサイズについて

ちなみに実際の私の頭囲(眉上あたりから後頭部の一番膨らんでいるところまで、間に指一本分の隙間を入れて)は、55-56cmでした。

ショウエイのヘルメットは、アライのものよりも、もっと小さいというイメージなので、参考にしてください。

個人的な意見としては、ヘルメットは被ってみてから購入した方がいいと思います。レビューだけ見ていたら、ショーエイのヘルメットにしていたはずですが、自分に合うものと人に合うものは違うということを踏まえたうえで、高い買い物をしたいものですね。

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

 

アライ(Arai)HR-Innovationの感想

グラスブラックは、見た目のツヤ感が格好いい

私が選んだのは黒色(グラスブラック)です。

つやっとした綺麗なブラックがとても気に入っています。あまりにつやつやしているため、部屋の内装が丸写しになってしまい、暗めの写真で取りました。

f:id:eno1081:20170513154839p:plain

▲前から見た写真。Araiのロゴが大きく入っています。

f:id:eno1081:20170513154959p:plain

▲右から見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155028p:plain

▲左から見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155115p:plain

▲後ろから見た写真です。

f:id:eno1081:20170513155132p:plain

ちなみに後方にはHR-Innovationという文字が大きく入っています。

シールドを開けると、こんな感じです。

f:id:eno1081:20170513155207p:plain

内装は柔らかく、赤色がアクセントに

内装はクッションが分厚く、ふんわりと柔らかくて、とってもお気に入りです。

個人的には配色(グレーと赤色のアクセント)がとても気に入っています。

f:id:eno1081:20170513155235p:plain

システムパッドは取り外しができるようですが、あまり簡単に着脱できる仕組みにはなっていないようなので、試みたことはありません。

ふかふかのクッションのようで、ふにふにっとむやみにつついてしまいます。

f:id:eno1081:20170513155308p:plain

ちなみに紐の部分はこんな感じで、片側に二つのリングがついています。

f:id:eno1081:20170513155357p:plain

教習所のヘルメットとは、紐のつけ方が違って戸惑ったのですが、一般的なフルフェイスはこのような二つのリングにひもを通して固定するようです。

私は最初バイク屋さんに行って、つけ方がわからずとても困りましたので、以下の画像を載せておきます。同じような方にフルフェイスのつけ方の、参考にしてもらえれば、と思います。

f:id:eno1081:20170513155614p:plain

ちなみにショーエイのQWESTは首周りにもガードするように布地がついていたのですが、私は首を締め付けられると気持ち悪くなってしまうことが多いので、あえて布地のついていないこちらのヘルメットを選択しました。

またショーエイのQWESTに比べると大分シンプルな作りだなという点も気に入りました。すっとしていて、必要最低限の機能がそろっているイメージです。

実際に被ってみた感想

フルフェイスヘルメットを初めて被り、バイクに乗りました。

部屋で被ったときは、重くてふらつく始末。とても不安になりましたがいざ、走ってみると

全然重さを感じなくて、びっくり。

すごい技術だなあと感心します。

むしろジェットヘルメットよりも、風の抵抗を受けない分、非常に快適に走ることができます。初めてのフルフェイスということもあると思いますが、一度これを知ってしまうと、ジェットヘルメットに戻ることはできないなと思いました。

気になっていた視界も良好です。

フルフェイスにしたからといって、視界が狭まるということもないんですね。なんだかとても偏見を抱いていました。

気になる女性ライダーのあれこれ

ちなみに女ならではの気になる面についても、少しだけ書いておきます。

まず化粧についてですが、やはりフルフェイスですと頬にパットが当たるので、基本的にはノーメイクがおすすめです。

ただ完全にノーメイクというのも個人的にはちょっと気になります。

そこで私はパットが当たらない眉毛と目元(マスカラ、少しのアイシャドウ)それから軽めのリップ(基本的に口元はヘルメットに触れない)だけしています。

ファンデーションとチークは、汚れの原因になるので、避けた方がいいでしょう。参考にしてください。

髪の毛についてですが、ロングの髪の毛を縛ってヘルメットをかぶっても窮屈だと感じることは基本的にありません。

バイクに乗るからといって、短く切る必要はないと思います。

むしろショートよりもロングの方が1つにまとめて収納できるので、バイクを乗るときは楽なのかもしれません。

これからヘルメットを買うすべての人にフルフェイスをすすめたい

今回私は初めてヘルメットを購入しました。

買う前はいろいろと調べて、ジェットヘルメットにしようかと本気で思ったこともありました。

けれどもバイクにおける死亡事故の一位は、頭部損傷であること、その頭部の中で一番強打の可能性が高い部分がアゴだと知り、愕然としました。

転んだ時に前につんのめり、その結果として顎をバイクにぶつけてしまうそうです。

私は考えました。

死ぬにしても、顎が二つに割れたぐちゃぐちゃの顔面で埋葬されるのはまっぴらごめんだなと(縁起でもないです)。

一度フルフェイスを被ってしまうと、それまで被ったことのあるそのほかのヘルメットがいかに不安なものであったかがよくわかります。ただの飾りを頭につけて走っていただけだったんだな、と。

最初の購入ということもあって(しかもネット購入だったので)とても悩みましたが、今回はとても良い選択をしたと自分で思います。

フルフェイスのヘルメットはお値段が張りますが、Amazonなら二万円前後で購入することができます。これで自分の体を守ることができるならお安いものですよね。

またアライ(もしくはショーエイ)のヘルメットはバイク乗りの方たちの間でも評判が高いようですね。私のヘルメットがアライと見ると皆さん「うん、合格」と同じバイク乗りとして認めてくれる感があります。(笑)

バイクはお金がかかるので節約したいという気持ちは十分わかりますが、ヘルメットには最低限のお金を払って、快適なバイクライフを送りたいものですね。

まとめ

ということで今回は自分のヘルメットの紹介記事から、フルフェイスヘルメットの良さについて語らせていただきました。

同じようにバイク初心者でヘルメットの購入を悩まれているという方は、絶対にフルフェイスにすることをおすすめします。

またフルフェイスにしようか悩んでいる女性の方がいましたら、重さやメイクや髪の乱れなど全く気にせず、購入することを勧めます。お化粧を縫って綺麗にしていた顔に、一生消せない傷がついてしまったら、本末転倒です。

そして良いヘルメットを購入した分、それに見合うくらいに運転上手になりたいものです。さて、明日は晴れますように!

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

アライ(ARAI) フルフェイスヘルメット HR-INNOVATION クロ M 57-58cm

 

 

女性が普通自動二輪免許を取得するのは難しい?教習所に行くか悩んでいる人に伝えたいアレコレ

女性だからこそ普通二輪免許取得に悩んでしまう!

私は普通二輪(バイク)免許を取得する前、とても悩みました。

というのはバイクに乗ることが出来ればどこでも自由に行ける!格好いい!

という憧れはあったものの、実際自分には運転するなど、とても無理だと思い込んでいたからです。

以前、男友達のバイクに二人乗りしたときのこと。

私はあまりの怖さに始終叫んでしまい、もうこんな思いは2度としたくないと暫くの間、周りに言って歩いていたほどでした。

そんな私がバイクに興味をもち始めたのは、車の運転がきっかけでした。

それまでペーパードライバーだった私が、石垣島に一人旅に出たとき、レンタルカーを借りて、島を一周したのです。

この楽しさにハマってしまった私は、車の運転が大好きになり、次第にバイクに乗ってみたいと思うようになったのでした。

でも実際、バイクの免許を取ろうと思うと、考えてしまいます。

すごく危ないんじゃないだろうか。

親が反対するんじゃないんだろうか。

教習所に行っても免許を取得できずにお金を無駄にするんじゃないか。

そんなことを考えていたのですね。

バイクに乗ることを反対した両親をどう説得したのか?

私の両親はバイクの免許取得に対して、反対でした。

ただ私は実家暮らしではない、というのが大きなメリットでした。

そのため、実家には報告せず、勝手に教習所に通い、免許を取得してしまいました。

最初のころ、実家の両親にバイクの免許を取得したい旨を伝えると

「アンタにバイクなんて乗れるわけないでしょ!」

と母親から一喝されました。

バイクはとても重い、アンタみたいなヒョロヒョロには支えて持つのは無理だ。

加えて、バイクがどんなに危険かをとくとくと聞かせられました。

父親も「俺も若いころは乗っていたんだけどね」とつぶやきながら、やはり母と同じように反対の立場を取っていました。

けれども私が免許を取得したことを事後報告したところ、案外あっさりと許してくれました。

さらにバイクを購入したことも事後報告だったのですが、このときは既に「俺もまたバイク乗りたいなぁ~」と歓迎ムードでした。

他人を説得させるときのコツ

どんなことでもそうですが、人を説得するときは、まず自分の意思を曲げないことが一番大切なのだと思います。

そして自分が言ったことをきちんとやり遂げて、結果を見せさえすれば、相手はもう匙を投げると言いますか、じゃあ仕方ないとなることが多いです。

反対意見に耳を貸しているときは、自分でも密かに不安だったり、本当はやりたくないと感じていることが多いです。

自分でも自分を説得させるための材料が揃えきれていないのです。

ですから、もし両親に反対された時、自分がその説得にあっさりと応じてしまうようであれば、その時点で免許取得を諦めてしまって良いと思います。

やはり運転は命にかかわりますし、免許はお金時間もかかりますし、決して簡単に取得できるものではないですからね。

気になる免許取得のためのお金の話

免許取得のために必要な費用ですが、もし車の運転免許を取得しているのであれば、案外安く取得することが出来ます。

ちなみに女性は絶対に安心パック(何度も授業が受けられるコース)にした方がいいです。私は初日から単位を落としたうえ、卒業試験も3回目でやっと受かりましたので、もし安心パックに入っていなければ、と考えるとぞっとします。

参考にしてください。

車の免許を取得している場合

車の運転免許を取得していれば、教室で授業を受けなくてはいけない学科の単位は必要がありません。実技だけでOKです。

なので最短で2種間くらいで取得できるのではないでしょうか?

私は職場近くの教習所で夜だけ通い、1か月ほどで取得しました。

お値段も8万円ほどで取得することが出来ました。ちなみにバイクの免許はMT車で取るのが基本ですよ。

車の免許を取得していない場合

車の運転免許を取得していない場合は、教室で授業を聞いて交通ルールを覚える学科の単位が必要になります。お金も15~16万ほど必要になるでしょう。

さらに学科の授業を受けなくてはいけないので、時間がかかります。

この場合、もしあなたが学生であれば、教習所合宿で運転免許を取得するのがおすすめです。

遠方で泊まり込みで一気に免許を取得できますし、費用も安い、何より時間がかからないです。

私は車の免許を取得したとき半年ほどダラダラと時間を使ってしまい、合宿で取得すれば早かったのにと非常に後悔しました。合宿で免許を取得すると運転が下手になるという人もいますが、はっきり言って関係ないと思います。

参考にしてください。

免許取得のために必用な持ち物を買わないといけないのか?

教習所でヘルメットを借りることが出来ますので、免許取得時には特に必要なものはありません。

  • ヘルメット(教習所で女性用のも借りれるからOK)
  • 手袋(100均の軍手でOK)
  • 長袖長ズボンの服装(靴下もきちんと履く)
  • スニーカー

これでOKです。教習所のヘルメットは臭いという噂もありましたが、女性と男性用は別れていましたし、特に臭いとも感じませんでしたよ。

私は免許を取得するとき、バイクを買うかどうかは半信半疑でした。それでも教習所に行き、バイクに乗ることが出来て、仕事のストレスを解消することが出来ました。

少しお金を払って、免許を取得出来て、なおかつバイクも楽しめる、そんなテーマパークの入場券を買いに行くくらいのつもりで教習所に申し込みに行ってよいと思います。あまり気負わないで大丈夫ということですよ。

バイクは危険じゃないか?という心配

私が普通自動二輪の免許取得に悩んだ一番の原因は、これでした。

とにかく死にたくないし、けがをしたくない。

だったらバイクになんて乗るな、ということになりますが、それもあまりに極論ですよね。

私は教習所に通いながらも、この問題について悩み続けていました。

でもあるとき乗った教習所までの送迎バスの中で、運転手さんにこんな話を聞いたのです。

送迎バスの運転手さんは、定年退職後、教習所の送迎バスの運転をするようになったという70代の男性の方でした。バイク歴も相当長いようでした。

私が車ではなく、バイクの免許を取得しに行っていると伝えたところ、非常に興味をもって下さり、色々とお話ししたのですが、その中で私は

「バイクは事故が怖いから、購入するかどうかでまだ悩んでいる」

と伝えました。

すると運転手さんは、こういいました。

バイクは、人生と同じなんや」と。

どういうことかと尋ねる私に、さらに運転手さんは言いました。

「人生だって、この先で何が起きるかはわからん。バイクに乗った後に、事故に遭うか遭わないかはわからんのと同じようにや。大事なのは、決めることや」。

運転手さんは軽やかに送迎バスを運転しながら、続けました。

「自分で決めたことになら責任が持てる。人生もバイクも、こうしようと自分で決めたことなら、なにがあっても後悔せん。それが一番大事なんや」と。

私はこのお話が妙に心に残りました。

今まで私は、自分の死を意識する出来事に二度、遭遇したことがありました。

そのどちらもが日常の中で、何もしていないにも関わらず、頭の上に大きな石が降ってきたようなハプニングでした。

確かにバイクに乗ることで、危険に見舞われる回数は増えるのかもしれません。

でもそれを知ったうえで、決める。決めてしまう。

バイクを購入するときも、私はバイクは人生と同じだと頭の中で繰り返し思いました。

まとめ

今回の記事では免許取得に悩んでいた当時の自分を思い返しながら、当時知りたかった情報や考え方などをまとめました。

私はまだ初心者バイク乗りですが、無事教習所で免許を取得できたことは自分にとっての自信になりましたし、教習所に通っている時間は本当に楽しかったです。

運動音痴のわたしでも取得できたので、取得できずに教習所をさよならということもないでしょう。

社会人だからこそ仕事のことを忘れる時間を設ける、学生だからこそ自由に時間を使ってバイクの免許を取得できる、色々な考え方があると思いますが、少しでも興味があるのであれば、一歩踏み出すことに迷う必要なんてないとも思います。

参考にしてみてくださいね。

f:id:eno1081:20170404135915j:plain

 

 

力の劣る女性だからこそ私がバイクに乗りたい理由

バイクのために筋トレ開始

最近、バイクを購入したのをきっかけに筋トレを始めました。

筋トレといっても、ただの腕立て伏せです。

しかも膝を床にべったりとつけて行う超簡単★腕立て伏せ。

でも私にとってはこれでもすごく大変なんです!

高校時代は腕立て伏せが一度もできなかったThe 貧弱体型!

というのも私は、根っからの文化系。

勉強は好きだけど、運動はダメダメ。体育の時間はものすごく苦痛にゆがんだ顔をしていた記憶しかないんです。腕立て伏せなんて「なにそれ?おいしいの?」状態です。

そんな私は誰がどこから見ても

ガリガリやないかい!ペラペラないかい!

とツッコみたくなるほどの瘦せ型。

バイクの免許を取ると母親に宣言したときも「あんたそんなガリガリでバイクなんか持てるわけないでしょ!!!?」と笑われました。

確かに傍から見ると、私がバイクに乗っている姿はちょっと意外なものかもしれませんし、不安になるものかもしれません。

でもそんな私でもバイクに乗りたいと思ってしまったからには

きちんと乗りこなしてあげたいし、

せっかく手元に来たFTRのためにも、もっと上手く乗れるようになってあげたいんです。

ということで筋トレを開始して2週間。

たった2週間、膝をついた腕立て伏せを20回ほどやるだけですが、自分の腕周りの筋肉が増えてきたのがわかります(ほんとかよ)!

今までどれだけ運動してなかったかよくわかります。

腕立て伏せって実はすごく体にいいみたい

それまで苦手なものはとことん避けていた私。

調べてみると、腕立て伏せは肩こり解消にも、バストアップにも効果があるようなんです!

これは貧乳貧弱体型のわたしには朗報でしかありません。

腕に筋肉をつければ、バイクが上手くなるわけでもありませんが、バランスを崩したときに立て直せるくらいの筋肉量は欲しいし、立ちごけをしてしまったときに周りの力を借りるのが前提じゃだめだと思うんです。

少しずつ積み重ねるように、自分の力を蓄えていけたらなと思います。

力の劣る女性だからこそバイクに乗りたいと思うこと

私はバイクに乗るたびに、自分が女だということを自覚させられます。

少しでもバランスを崩せば、バイクと一緒にあっけなく倒れてしまうような自分の体は、バイクと並ぶにはあまりに不相当と言ってもよいでしょう。

そんな私ははじめ、自分がバイクに乗れるようになるなんて想像もしていませんでした。

でも自分の想像を超えた速さでバイクにまたがり、ぐんと前に進むことが出来たとき、自分がもつ力を自分で測り、その限界を決めることはできないんだなと思いました。

生まれながらに女性。

だからこそ化粧をして、スカートを履いて、ピンヒールを履いて、真っ赤な口紅をひくこともできれば、バイクに乗って、知らない土地に行って、新しい景色を見ることもできるのです。

それっていいところどりじゃないか、と思う私は、とても欲張りな女なのだろうなとも思います。

そして軽々しくバイクにまたがる男性を横目で見たとき、自分にはない魅力をそこに見出せば、私は自分を遠くへと導いてくれるその力強さに男性を見出すように、バイクに恋をしているのかなとも思うのです。

ということは最初の三か月は、とっても大切な蜜月のとき。

春が終わらないうちにどんどん外に出かけたいものです。

f:id:eno1081:20161225161939j:plain

バイク屋から自宅までの公道デビューでまさかの立ちゴケした話

バイク屋から自宅までの公道デビューしました

待ちに待ったバイク到着日!

うきうきしながらバイク屋さんまで、自分のバイクを取りに行きました。

当然ですが、バイク屋さんにバイクを取りに行くときの持ち物は

  • ヘルメット
  • グローブ
  • スニーカー

が必須です。

必要書類を入れるリュックなどがあるとよいかもしれませんが、私はお店でビニールのリュックをいただいて、その中にもらった書類を全部入れました。

久々ドキドキのバイク乗車

私が免許を取得したのは去年の秋。

つバイクに乗るのは、実に半年ぶり。その旨を店員さんにお話ししたところ、近くの車が少ない通りで練習に付き合ってくださいました!

(お優しいです)。

ドキドキしながらヘルメットをかぶり、グローブを付けていざ出発!

きちんと発信して、ぶんと勢いよく発信することが出来ました。

(やったね)!

店員さんも安心したのか、大通りでの発信にだけ気を付けてねと言って仕事に戻っていかれました。

大通りの信号でエンストしまくり

そのまま直進で進める交通量の少ない道路で運転練習をしました。

スムーズにバイクを運転できる気がして、安心したので、バイクで走って15分ほどの場所にある自宅に向かいました。

が、しかし

車と一緒に走ってみると、案外スピードを出さないといけないことに気づく。

そのうえ信号が多い!

そしてやっぱりエンスト!(ヒーッ)

車にも原付にも何度も抜かされながら、命からがらという感じで自宅周辺へ。

現実はやっぱりそんなに甘くないなと思いきや次なる関門、

なんと自宅までの道が

進入禁止の一方通行車線

だったのです。

初日からまさかの立ちゴケ

今まで徒歩だったから知らなかった…とさっそくグーグルマップを使い、自宅までの道を検索。すると、今まで徒歩でも避けていた急斜面を登らないと、家に帰れないことがわかりました。

どうしよう、家に帰れるかな

と不安がっていると坂の途中でエンスト。

はい、初日から立ちゴゲ決定

既に半泣きになりそうな私の元に、偶然通りかかった近所の方が来てくれて、バイクを起こすのを助けてくださりました。

お話を聞いていると、もう20年近くもバイクに乗っていらっしゃるのだとか。手慣れた様子で、ちゃちゃちゃとバイクを始動してくださいました。本当に感謝の気持ちばかりでした。

人の優しさに感謝しながら、何とか帰宅

それからどうにか自宅まで変えることが出来ました。

正直、これから大丈夫なのかなとすごく不安になりました。

でもバイクで色々な場所に行きたいという気持ちを忘れずに、少しでもうまく運転できるようになりたい。

バイクで事故らないためには、バイクの運転がうまくなるしかない、うまくなるためには沢山乗らなくてはいけない、ということでこの1年がきっと勝負になるでしょう。

このブログにバイクのことを少しでも記録していくことで、一つ一つの経験を自分のものにしていきたいものです。

まとめ

ということで、公道デビューはなかなかの恐怖体験連続でした。

これからバイクを取りに行くという方は、

  • 必ず自宅までの経路を調べる(徒歩とは違う可能性大)
  • 交通量の少ない道で、主に発信の練習をしてから、帰宅する

という点に気を付けてください。

それから学生さんは、バイクを購入する前に

  • アパートの大家さんにバイク駐輪可能かを確認する

というのも大切ですよ(買った後に、止める場所がなかったなんていう友人も周りにはいましたよ)。参考にしてくださいね!

f:id:eno1081:20170416161452p:plain